コウモリを駆除する方法|トコジラミ駆除は徹底的に行なう|健康被害を受ける前に対策しよう

トコジラミ駆除は徹底的に行なう|健康被害を受ける前に対策しよう

コウモリを駆除する方法

蝙蝠

自力で駆除する

コウモリは暖かく外敵から身を守れる住居の屋根裏などに好んで棲みつきます。よく見られるのはアブラコウモリで、体が小さく、2、3センチの隙間でも入り込むことができます。コウモリが棲みつくと、決まった場所に糞をし続け、悪臭が発生します。雑菌やダニ、寄生虫も心配です。家族で同じところに棲み続ける習性があるため、あっという間に大量のコウモリが棲みつくことになります。姿を見かけたら速やかにコウモリ駆除の対策を取る必要があります。コウモリは鳥獣保護法で保護されているため、捕獲してはいけません。そこで自力でコウモリ駆除する場合、市販の忌避剤を使用します。スプレータイプとジェルタイプがあります。コウモリが棲みついている場所に嫌う匂いを付けて追い出すというものですが、時間が経つと効果が薄れますので、根気強く繰り返しスプレー噴射やジェル塗布をしなければなりません。

駆除業者に頼む

コウモリは夕方から夜間が活動期で、夕方になると外に出ていきますので、忌避剤はこの時使用しましょう。無事コウモリが出ていっても、しばらくは戻ってこようとします。忌避剤が効いているうちは中に入りませんが、効果が切れるとまた戻ってくる可能性があります。侵入口となり得るような隙間や穴は、金網等ですべて塞ぎましょう。ガムテープ程度ですとコウモリは食い破ることがあります。コウモリはごく小さな穴から侵入できますので、自宅では駆除しきれないことがあります。そんな時はコウモリ駆除専門の業者に依頼しましょう。コウモリ駆除業者はコウモリを追い出した後、徹底的に消毒を行い、侵入口をすべて塞いでくれます。また業者によっては数年保証がついているところもあります。費用は3万円前後といったところです。